泰平の世が訪れ、寺院の役割も大きく変わることになります。このコラムが、「庶民と日本仏教・寺院」の最終稿になります。

キリシタンではないことを寺院に証明させる制度でありますが、必然的に民衆は寺請をしてもらう寺院の檀家となり、これが現在の檀家制度の名残になります。今で言う戸籍の原点である宗門人別改帳など住民調査の一端も担いました。

たとえば、旅行に行くときも身分証明も発出し、どこかの区役所的な役割を果たすことになります。

また、各戸には仏壇が置かれ、法要の際には僧侶を招くという慣習が定まり、現在の葬式、説法の原点はおおよそ江戸時代に成立したものと言って良いでしょう。寺院の僧侶は知識人でもあったことから、前述したように庶民は難しい話は理解できないため、土地の習俗と合わせた興味深い噺もしていました。このように、僧侶も寺院も村々の人々から尊敬を一身に集めていたのです。

実はこの寺請制度は後世から見ると批判もあったようですが、庶民の側も需要があり、それは祖霊崇拝と供養と相まって葬式の必要性を強く感じ、儀礼化に成功したというのが真相です。

ただ、寺院は幕府よりであり、日本は神国であるという水戸学の教えが広まったことから、明治維新後、廃仏毀釈が行われたことは悲しい歴史の一コマですが、今日でも地域の人々から尊敬を受け、檀家制度は残っており、人々の信仰の拠り所になっていることは間違いありません。