平安時代には末法思想が貴族から庶民まで大流行します。お釈迦様が説いた正しい教えが人も世も最悪となり正法がまったく行われない時代が末法思想の考え方です。

ちょうど、平安時代末期になると藤原氏が政治を独占していた摂関政治もおわり、院政がはじまり、武士が台頭するようになると社会不安も現れてきます。

このような中、官製の僧侶になることに飽き足らず、庶民に教えを説こうという僧侶が数多く登場します。実は、平安時代も奈良仏教も同じく国家管理システムは続いており、寺と僧侶は公務員のような存在で、勝手に庶民に教えを説くことは許されませんでした。

そのため、奈良時代には行基のような人が存在しても、律令体制が続く平安時代でもそのシステムは続いておりました。そこで本当に庶民まで仏教が浸透するのは鎌倉仏教の登場を待たなくてはなりません。

平安時代中期には、勝手に出家して僧侶を名乗る「私度僧」が現われますが、その一人に空也が登場し、庶民の様々な願いを叶え、仏教の民間布教に乗り出します。

空也の教えが後に鎌倉仏教をつくることになるのです。

庶民の宗教といえば、末法思想に基づき浄土教の流れから誕生した「法然の浄土宗」、「親鸞の浄土真宗」、「一遍の時宗」、また、法華経を根本とする「日蓮の日蓮宗」もそういえるでしょう。

前者の教えは、共通していて、「南無阿弥陀仏」と唱えれば、誰しもが西方極楽浄土へ往生することができると説きました。法然に弟子入りした親鸞は、阿弥陀仏の願力によって、信心のみで、いかなる者も救われる、と説きました。動物を殺生していても救われると説いたことから、多くの方からの共感を得て、恐らく日本仏教の中で一番、多い信徒を持つのは、浄土真宗ではないかと言われています。

また、日蓮宗の日蓮は、他宗教への排除を強め、時代は、元寇前でしたので不安な時期でした。そのため、日蓮は、「南無妙法蓮華経」を唱えて善行を積むことが救いになるだけではなく、社会システムの変革までを幕府に訴えたのが真髄です。

他にも鎌倉仏教で成立した仏教もありますが、それは当時台頭していた武士階級が中心ですので割愛します。